近況報告

すっかり遅くなってしまいました…。
我が家、横に三間続きの和室があり、右端が居間、左端が寝室、真ん中にパソコンがあるのですが、
寒くなってからすっかり真ん中の部屋にいることが億劫になってしまいます…寒いんです。
小さな反射式の石油ストーブが、居間と寝室にあるだけ。今もかじかんだ指をあたためながら
パソコンに向かっています。

さて、11月の近況報告なのに、12月のお話をします。
12/16・17(土日)、都内で石鹸を並べていただく機会があります。
2日間限定のセレクトショップ。オーナーの好きなものだけを集めたのだそう。
その名も「朝子の部屋」。オーナーさんは朝子さんという女性なのです。
私はおそらくうかがうことはできないのですが、もしお時間ございましたらぜひ。
「コスモス」と「流体」が並びます。

「朝子の部屋」
2017/12/16・17 茅場町 MAREBITO

先週末、津軽の方へちょっとした小旅行に行きました。
知人の畑を見せてもらいがてら、おすすめのお店めぐり。
行きたかった飲食店を2日間で3軒まわって。

3軒とも、とてもおいしくてお店の佇まいも素敵だったのですが、1軒だけ、
考えさせられるお店がありました。
女性が一人できりもりしているそのお店。建物がとても素敵で、食事は丁寧に作られていて、
器もとてもよいものでした。
飲み物も、美しいカップになみなみと注がれていて嬉しかった。のだけど。
オーナーさん、ずっと忙しなく、余裕のない雰囲気がお店を支配してしまう。
料理について質問しても、さっと答えにならないようなことを答えて、こちらの反応を
見ることもなく小走りで厨房へ。
10年ほど前、バイトしていたカフェのオーナーによく言われていた言葉を思い出していた。
「どんなに忙しくて急いでいても、客席に出たら背筋を伸ばして堂々とゆったり動きなさい。」

店内は10席。私たち含めそのときのお客は7名。一人で対応するには少し大変かもしれない。
私たちのテーブルでは「やっぱり一人できりもりって大変なんでしょうよね…」なんて会話も出たり。

こだわった食器で、時間を惜しまず仕込んだ料理、丁寧な盛り付け、味もおいしい。
こんなに大切に仕事しているのに、ふと思ってしまった、歓迎されていない、という気持ち。
お客不在の人気店というのもあるのだな、と不思議な気持ちでした。ただ言えるのは料理が好きなんだろう、ということ。

最後は愚痴のような、自分も気をつけなきゃな、という話。
いよいよ師走へと突入していきます。




2017年11月



近況報告へ
topへ