近況報告

気づけば年の瀬。皆さまどんな年末をお過ごしでしょうか。
今年、私の暮らしはダイナミックに変わりました。
今私のいる場所は、以前の私が目指していた場所にとても近いように感じます。

冬がきて、暮らしのペースを少しずつゆるめて。
先日、庭で収穫した小豆であんこを炊きました。自分で育てた小豆があんこになって、
私や近しい人のお腹におさまっていく。
今日は、収穫後、ずっとほったらかしにしていたホーリーバジルの種を採り、
これからミントのお茶を淹れようとストーブにやかんをかけているところ。
年が明けたら、今年収穫した大豆でお味噌を仕込む。
夜が長いので、ゆっくりと菱刺しを刺して過ごしたり。
そんなことが今はとても楽しいです。
観客はいない。私の宇宙の出来事。

最近、考えていたこと。
地球にはたくさん言葉があって、日本語や英語や。
だけど、映画なんか観ていて気づいたのだけど、笑うとき、言葉に関係なくみんな
同じように笑うのでした。
泣くときももしかしたら、みんな同じかな。
笑うこと、泣くことは話すことと違う次元のことなのか、と不思議な気持ちでした。
この感じをうまく言えないけれど。
不思議なことがたくさん。知らないことばかりだし、知りえないことばかり。
不思議なことを不思議に思っているうちにきっと私は死んでいく。
人生はそんな楽しさに満ちている。つい先日気づいたのでした。

庭は雪で覆われています。
時々なにかの足跡がついていて、動物のくる庭はいいなぁ、と嬉しく思っています。
雪のない季節、カーボロネロに絶え間なくやってくるモンシロチョウでさえ、いいなぁと
思えた。
人間以外の生き物が身近に感じられ、とても呼吸の深い年になりました。
楽しかった。動植物をたくさん眺めました。

年越しといえばおそばを思い出します。
先日、手打ちそばをごちそうになったのですがとてもおいしかった。
柚子胡椒が添えてあって。
最近、知人が「おいしいって幸せなことだ」と言っていたけれど、本当にそうですね。
おいしいものを思い出すとにやけている自分。今年はずいぶんとおいしいものをいただいた。
おいしいものを共有する人がたくさんいた。

少しくらい、石鹸の話をします。
自分の作る石鹸を、とても軽く見ていたことに先日気がついて愕然としました。
なんというか、世論というのか、世間一般の意見というか、自分が信じていないものに
いつの間にか飲まれていた。
自分の石鹸をどうしてこんなにないがしろにしていたんだろう。
久しぶりに仕込んだ石鹸を使いながら気づいたのは、私の石鹸は結構、というかすごくいいな、ということ。
ばかかと思われるかもしれないけれど。

バックパックの旅には私の石鹸をひとつ持って出かけてほしい。
ひとつあれば、あらゆる場面できっと役に立つと思います。
大切な人へのおくりものに、この石鹸を。
そんなに華はないけれど、静かな美しさがある。
根源的な美しさというのか。赤ん坊が生まれるときみたいな。
私は私の石鹸の静かな美しさを大切に守ろうと思いました。
自分の石鹸への信頼を大切に。
今年もコスモス・サボンの石鹸を気にかけてくださった皆さま。
本当にありがとうございました。
皆さま、よい年越しを。


2017年12月



近況報告へ
topへ