近況報告

今日は石鹸を仕込んでいます。
来月、父親の37回忌で家族が集まるので。
家族揃っての法要は多分これが最後だろう。
前回の33回忌の時のことを思い出していました。

お経って、どう思いますか?
私、父ちゃんの33回忌の時、泣きました。
お経の響きがあまりに素晴らしくて。
頭の上に、頭とつながった広い宇宙が現れた。
声はその人の振動。前にとても静かで美しい声の人が言っていたこと。
和尚さんのその時の振動と、私が共鳴したのか。
声の力だけでなく、それがお経だったからなのか。

ずっと聴いていたい音でした。
お線香の香りや音の響きが、多分人に普段とは違う意識をもたらす。
トランス状態と言えるのかもしれない。
お経を読んでお線香を捧げるのは、死者だけでなく、生きている者への
慰めでもあるよね。
今回もあのお経が聴けるだろうか。
あの時とは和尚さんのコンディションも、私も変わっているのだろうけど。

今日、仕込んでいる石鹸は「今日」という名前です。
いつか「今日」だった日に生まれ、いつかの「今日」に死んでいく。
「今日」は「経」であり「響」でもあります。音っておもしろい。

父ちゃんの生まれた日と亡くなった日の色を調べてみたら、黄色と薄紫でした。
きれいな、好きな組み合わせだ。
和尚さんの声を思わせる香りと、浄化、再生、第7チャクラの香りなど色々と
調合してみました。

ついでにもうひとつの石鹸を仕込みます。
それは今朝の夢。
家の中に小さなクジャクが歩いていました。
きれいな深いエメラルドみたいな色の羽で。
それだけで、もうすごくいい夢見たと思った。


2018年6月



近況報告へ
topへ