近況報告

新年、第1回目の近況報告です。
2019年。雪が少ない年です。
雪かきをほんの数回しただけですし、いつも雪深くて通行できない裏の道も今年は歩けてます。
今夜は星がよく見える晴れた夜で、あらゆる足跡が交差する雪道を犬と散歩しました。
この道沿いには畑しかなくて、冬は誰もきません。そして道沿いには柿の木がいくつかあって、
木についたまま誰も採らない実は鳥たちの冬の食料になります。
鳥たちがついばむといくつか実が落ちているのですが、落ちた実をうちの犬が好んで食べます。
きつねも同じように落ちた実を食べているようで、よくきつねに遭遇します。
きつねはきれいですね。毛色が銀色がかって、すっと流れるような体をしています。
夜道でもし動物に会ったら、と思うと少し怖い。怖い、と思えることがありがたい。


今年も青森県在来作物研究会の「たねの交換会」がありました。
映画「たね」の上映もありました。
たねの美しさにはっとしますね。豆なんか、ほんと色も柄もたくさんある。
人間がどんなにいろんな科学を駆使したとして、センスというか、こんなものを
ゼロから想像して創るなんてどだいできない。
たくさんの違う種類があって、それぞれが大切に受け継がれてきたたね。
「たねは私です。」
分かつことのできないたねと私。

あらゆる品種が絶滅し、遺伝子操作され。特許なんか主張する輩が現れたりして。
誰かの所有物ではないもの、土地や風、水、空。
たねも。
誰かの所有物にしてはいけない。
機会があればご覧くださいませ。予告編をどうぞ。



今年まく予定のたねを少しずつ用意しています。芽が出た時のあの「わー」という気持ち。
いいものだよね。みんなかわいらしいのだけど、特に私が好きなのは、ズッキーニとかぼちゃ。あと大豆も。
よくもまぁあんな小さな一粒から大きくなるものですね。
豊かな実りは一粒のたねからもたらされる。

毎度、石鹸のことを書かなくていけませんね。
今年の仕込み初めはいつになるだろう。3月あたりかな。久しぶりに「流体」を仕込みたい。

昨日あたりから風邪っぽいです。この季節、皆さまも風邪などお気をつけください。

2019年1月



近況報告へ
topへ