近況報告

「何から伝えればいいのか わからないまま時は流れて」
なんと言ってよいのやら。本当にご無沙汰していました。
ご無沙汰している間に、冬が来て年が明け、春を迎えつつあります。

2月の終わり、ようやく石鹸を仕込みました。
いつも年の仕込み始めはわくわくします。今回も、どんな石鹸を仕込もうかとあれこれ考えた結果、
いつもの「コスモス」「流体」に落ち着きました。
太陽や火、土、風や水、ということを考えるのです。それぞれがどれも分かちがたくてつながっている。
私の世界を引き受けている石鹸が「コスモス」なのです。
流体はコスモスの中にあって。

もうひとつ、春の石鹸を仕込んだら、イメージよりだいぶ強そうな色になってしまいました。
もう長いこと、薄いぼんやりした色をさすのが好きなのですが、うすぼんやりとはほど遠い、
渋い深緑と渋い紫の濃いやつ。
年の仕込み始めは大体いつも失敗するのです。

毎年言っている気がしますが、今年は石鹸のワークショップをしよう、と考えています。
今年こそ。DIYの魅力は、自分のやりたいようにできること。
家で材料を揃えて仕込むより、気軽にできるワークショップ。
どんなことも石鹸に入れ込むことができる。その楽しさを、ただ、石鹸を使うだけじゃなくて、
泡立てるときに世界がふわっと広がるような石鹸の魅力をお伝えしたいです。
自分で考えて仕込んで、それでも思い通りにならない時のびっくりさなんかも案外楽しいものです。

「思い通りになんかなると思うなよ」と自分に言い聞かせる。
失敗は、単に経験を積んで回避できることが多いので、怠慢だったりもします。
もっと勉強すれば、自分の思い通りの石鹸は簡単に作れるような気もする。
だけど、怠慢の私が仕込んだ石鹸は、私を離れ、思いもよらない姿で目の前に現れる。
それが楽しい気もして、結構適当に仕込む。
思い通りにいかないこと=失敗、ではない気もしています。
そんな風に、私は相変わらずです。今年もよろしくお願いします。




2020年3月



近況報告へ
topへ